「ITmedia Gamez」は2011年3月31日をもって終了しました。今後のゲーム情報については、「ITmedia ガジェット」をご活用頂ければ幸いです。



日々是遊戯:白服の人が跳んだりよじ登ったり……。この映像、何だか分かりますか?

今回紹介する動画は「ゲーム動画」ではありませんが、「あるゲームに関係している動画」です。さて、その「あるゲーム」が何か、あなたには分かりますか?

分かった人はきっと30代以上

 昔からあるアニメーションの技法の一つに「ロトスコープ」というのがあります。最初に人物の動きを実写で撮影しておいて、後からそれをセル画にトレースする。そうすると見た目はアニメなのに動きは実写そのものという、ちょっと面白い映像ができるわけですね。

 さて、それを踏まえて下の動画を見てみてください。世の大部分の人にとっては、ただの白い服を着た人が屏をよじ登ったりジャンプしてるだけの映像。でもゲーム好きなあなたはきっと「うわーっ!」っと驚くはず。さあ、あなたの反応は!?


 「うわーっ」と驚いたあなたはスーパーファミコン世代? それともひょっとして、本家Apple II版の経験者でしょうか。ちなみに筆者の初体験はメガCD版。なんだかよく分からなかった人は、こちらの動画で答え合わせをどうぞ。


 そう、実は上の動画は「プリンス・オブ・ペルシャ」の作者、ジョーダン・メックナー氏が1985年に撮影したもの。動画の説明によれば、映像に映っているのは弟のデビッド・メックナー氏。ジョーダン氏は自分の弟をフィルムで撮影して、その動きをロトスコープの技法を用いてゲームのプリンスに吹き込んだわけですね。実際のゲーム映像と見比べてみると、弟の動きの「そのまま」っぷりに改めて驚かされます。

 当時はそのリアルなアニメーションで話題を集めた「プリンス・オブ・ペルシャ」。しかし、プリンスの動きがロトスコープで取り込まれたもので、しかもその動きを弟が演じていたことについては知らなかった人も多いのではないでしょうか。それにしても、よく22年も前の映像が残っていたものです……。

wk_110307hibikore01.jpgwk_110307hibikore02.jpg こうして並べてみると、まったく同じモーションであることがよく分かりますね


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-Game Shopping