ニュース
2006年02月22日 06時51分 更新

ディースリー・パブリッシャーが感謝をこめて「SIMPLEシリーズ Awards 2006」を開催 (1/2)

ディースリー・パブリッシャーが2005年度に発売した「SIMPLE シリーズ」の中から、ユーザーからの支持の高いタイトルに対して表彰する「SIMPLEシリーズ Awards 2006」が、2月21日に開催された。
wk_060222d301.jpg 会場には「SIMPLE シリーズ」に携わった関係者が多数来場した

 ディースリー・パブリッシャーは2月21日、家庭用ゲームソフト「SIMPLE2000 シリーズ」ならびに携帯電話向アプリサービス「SIMPLE100 シリーズ」を代表する「SIMPLE シリーズ」において、2005年度に高い評価を得たタイトルを賞する「SIMPLEシリーズ Awards 2006」を開催した。

 冒頭、ディースリー・パブリッシャー代表取締役社長・伊藤裕二氏は、今回初となる昨年の実績に則して賞を贈るという試みが、これから恒例となることを祈ると挨拶。1998年10月にシリーズを立ち上げてから7年、昨年末段階で約280タイトル、販売本数は国内で1380万本、海外で500万本を世に送りだしたことを例に挙げ、改めて購入したユーザーと開発に携わったスタッフへと感謝を述べた。

wk_060222d302.jpg ディースリー・パブリッシャー代表取締役社長・伊藤裕二氏。携帯アプリで展開している「SIMPLE100シリーズ」が好調で、月額の有料課金会員が70万人を突破したことに触れ、その勢いをアピールした
wk_060222d303.jpg メディアワークス電撃PlayStation編集部編集長・倉西誠一氏が乾杯の音頭をとる。SIMPLEシリーズの歴史の長さとそのユニークなタイトルの変遷を興味深く観察していると挨拶。実験的野心の見られる進化をさらに期待していると締めた
wk_060222d304.jpg 今回の受賞式の趣旨についてディースリー・パブリッシャー常務執行役員ソフトウェア事業部部長・岡島信幸氏が説明

 今回の「SIMPLEシリーズ Awards 2006」は、2005年の1月〜12月までに出荷された「SIMPLE2000シリーズ」、「SIMPLE2000シリーズ Ultimate」、「SIMPLE2000本格思考シリーズ」、「SIMPLE2960ともだちシリーズ」、「「SIMPLE DS シリーズ」、「SIMPLE2500シリーズ Portable!!」280タイトルを対象に、2005年度にユーザーに愛されたタイトルを累計出荷本数に則して賞するもの。家庭用ゲーム機タイトルを賞する「コンシューマー部門」と、携帯電話用ゲームを賞する「モバイル部門」が設定されている。

 コンシューマ部門では、昨年累計5万本以上出荷したタイトルに贈られる「BRONZE PRIZE」、10万本以上出荷したタイトルを賞する「SILVER PRIZE」、15万本以上の出荷タイトルへ贈られる「GOLD PRIZE」、そして20万本以上出荷したタイトルを賞する「PLATINUM PRIZE」の4つのフェーズが用意されている。また、SIMPLE100シリーズを代表する携帯電話を介したアプリの配信に関しては、月々のダウンロード数とユーザー認証率がもっとも高いタイトルに対して「Mobile GRANDPRIX」が贈られる。

 各賞の発表の前にはお祝いメッセージとしてお笑いコンビの「ますだおかだ」の増田英彦さん、「エレキコミック」の今立進さん、「バカリズム」の升野英知さんからのビデオメッセージが会場に流され盛り上げる。

wk_060222d305.jpgwk_060222d306.jpg 増田さんは、ラジオ番組でディースリー・パブリッシャーにお世話になっていると、現在「THE 話そう韓国語(ハングル)の旅」をプレイしているとのこと。分かりやすいのが魅力と語る。また、今立さんと升野さんは「驚かせてくれるゲームが多い」とあえてクソゲーと表現。突き抜けてしまった、中途半端じゃないゲームを今後も期待しているとエールを贈った。

 受賞タイトルは以下のとおり。プレゼンターにはディースリー・パブリッシャー代表取締役社長の伊藤裕二氏が務めた。

コンシューマ部門

「PLATINUM PRIZE」

SIMPLE2000シリーズ Vol.1「THE テーブルゲーム 〜麻雀・囲碁・将棋・カード・花札・リバーシ・五目ならべ〜」

開発:悠紀エンタープライズ
累計出荷本数:34万7千本
wk_060222d310.jpgwk_060222d311.jpgwk_060222d312.jpg 記念すべきVol.1となった2001年5月発売のタイトルが表彰。当時を振り返りつつ、悠紀エンタープライズ開発部の細渕一飛氏と根津和浩氏が目録と盾を受け取った
(C)2001 Yuki enterprise
(C)2001 D3 PUBLISHER


SIMPLE2000シリーズ Vol.2「THE パーティゲーム」

開発:ヒューネックス
累計出荷本数:23万6千本
wk_060222d313.jpgwk_060222d314.jpgwk_060222d315.jpg 2001年11月に発売以来、現在も根強い人気を誇る本作からは、開発を担当したヒューネックスの代表取締役社長・有泉富三彦氏と開発部第二開発グループマネージャー・脇本博道氏が登壇。プレゼンターの伊藤氏からは来年もこの場で賞を与えることができるよう期待していると感想。有泉氏はそれを受け今後の開発に自信をのぞかせた
(C)2001 HuneX
2001 D3 PUBLISHER


       1|2 次のページへ

[加藤亘,ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping