レビュー
2008年03月18日 00時00分 更新

「ミブリー&テブリー」レビュー:

ニヤけて笑えて素敵にシュール――世にも珍妙なジェスチャー連想ゲーム (1/3)

「ミブリー&テブリー」は、最大4人で遊べる“ジェスチャー連想ゲーム”。ジェスチャー連想って何だ?っていう話なんですけども、そのまんまジェスチャー連想なんです。宴会とかでよくある(個人的には最近まったく見なくなった)ジェスチャー連想がテレビゲームになっちまいました。身振りと手振りの真意をズバッと見抜いちゃおう!

珍作! それは名誉ある褒め言葉

画像

 映画、音楽、演劇、絵画、写真……。どのようなジャンルにも“珍作”は存在する。熱狂的なファンから支持されるカルト映画、意外なコラボが実現してリリースされた変テコな曲、1つのコンセプトを突き詰めて作られたマニアックな写真集など、オンリーワンな路線を貫く作品には独特の面白さがある。

画像 ジェスチャー連想の世界にゴー!

 セガのWii用ソフト「ミブリー&テブリー」も、名誉ある“珍作”にあたると筆者は言いたい。今までに例を見ない、本作でしか体験できない、珍妙な面白さにあふれているのだ。ただ、本作がカルトなゲームだとかマニア向けのコアなゲームなのかと言えば、けしてそうではない。むしろ老若男女誰もが垣根なくプレイでき、誰もがとっつきやすい間口の広さも持っている。

 間口の広い“珍作”「ミブリー&テブリー」とは、一体全体どういうゲームなのか。次項からお伝えしていこう。

ポップでシュールな「ミブリー&テブリー」の世界

 本作の“珍”なるゲーム内容について言及する前に、珍妙かつシュールなストーリーやキャラについて触れておこう。

 この世のどこかにあるマイムマイム王国。平和なこの国の秘宝マサムネが海賊に盗まれたため、国のバランスが崩れて争いごとが起きてしまった。マイムマイム王国の女王は勇者の血をひくミブリーとテブリーの2人にマサムネの奪還を命じる。こうしてミブリーとテブリーの旅が始まるのだった……。

 という設定で主人公ミブリーとテブリーは海賊を追って島から島へと渡っていく。まずでもって“マサムネって何だ?”と突っ込みを入れたくなるが、ひとまずのところマサムネはマイムマイム王国の秘宝である像だということしか分からない。ミブリー、テブリーは勇者の血をひくというが、そのビジュアルは勇者の子孫というにはあまりにもポップで何ともミスマッチだ。

 ミブリー、テブリー、そして敵キャラであるマッスル玉三郎、デザイア、ビッグマウスなどのセリフのやりとりはシュールでブラックで脱力系。ミブリーは勇者の血をひくくせにめんどくさがりやなので島の探索をテブリーに押しつけるし、いやいやながらテブリーは冒険に出るし、2人はてんぷらと呼ばれる謎の生物を引き連れているし、とにかく突っ込みどころが満載だ。

 もちろんこういったキャラやテイストは製作者サイドの意図したところだろう。このポップでシュールなノリを好むかどうかというのが、本作への評価が分かれるところか。筆者としてはかなり好きなノリなので、「(賛辞として)バカだなぁ」とニヤニヤしながら楽しめた。

 ちなみに本作の珍妙な世界観、ポップでシュールなテイストに大いに貢献しているのが、田中秀幸氏によるキャラデザインだ。田中氏は「ウゴウゴルーガ」「Oh! スーパーミルクチャン」などでかわいさと毒っ気が同居したキャラデザインに定評がある人気クリエイター。さすがに田中氏の産み出したキャラたち、ミブリー、テブリーだけでなく、敵キャラにいたるまで、どこか憎めないかわいさを持っている。このデザインのかわいさにピンと来て興味が湧いた人もいるのではないだろうか。田中氏のファンであれば、かわいいミブリーとテブリーと敵キャラたちを見るためにプレイしてみるというのもいいかもしれない。

画像 唐突な女王からの依頼に悪態をつくミブリー。大胆すぎます……
画像 島に着くなり、島そのものにも悪態をつくミブリー。わがまますぎます……
画像 犬(?)の“てんぷら”がミブリーのおとも

画像 テブリーに丸投げするミブリー。実はヒント魔法でテブリーを助けるんですけどね
画像画像 敵キャラのデザインもポップ。とぼけた会話が展開する
       1|2|3 次のページへ

[ITmedia]

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


-PR-Game Shopping